稲門会親善コンペゴルフ

7月22日の日曜日に浦和稲門会の夏季親睦ゴルフが群馬県沼田市の「初穂カントリークラブ白沢高原コース」で開催されました。
全国的に記録的な猛暑が続いている中、下界を離れた標高655mの高原コースで、薄曇りの絶好のコンディションでプレーできました。
それでも、比較的人生を長く経験されている平均年齢が80歳くらいの諸先輩が多く参加されており、若干健康面で心配もありましたが参加者11名全員が元気に完走されました。
その上、大先輩の綱川寿夫さんがグロス86、ネット68で優勝し、同じく大先輩の若井誠治さんはベストグロスの82でしたが、ハンデキャップ差でネット69で惜しくも2位でした。
ゴルフ終了後は、ゴルフ場付設の「白沢高原ホテル」に宿泊し、美肌の湯と言われている「初穂温泉」に浸かり、反省会と称した会食を皆さんで十分に楽しみました。
翌日はホテルで朝食の後、次回のゴルフ会を期待しつつ、三々五々解散となりました。宮入記

優勝:綱川寿夫   準優勝:若井誠治   3位:太田憲吾

ドラコン:綱川(寿)、綱川(絢)
ニアピン:遠藤、太田、若井、綱川(寿)

参加者:綱川(寿)、若井誠治、太田憲吾、井上幸則、金子努、巽正典、宮入一芳、綱川絢子、山本裕二、吉田俊夫、遠藤亘良

 

優勝者コメント

奇跡が起きたのです。
 7/22(日)初穂CC稲門会親睦ゴルフコンペでの優勝! シニアティからそしてハンディに恵まれての久しぶりの優勝でした。
 思えば10年ほど前望月CCで2日間70台でラウンド、ベスグロ優勝以来のことでした。
 私も80歳を迎え(吉田会長にはまだまだひよっこといわれますが)パーキンソン病とも仲良くつきあいながら好きなゴルフを仲間とラウンドできることに感謝です。
 途中17番で足がつりましたが金子さん井上さんのドライバーに圧倒されつつ、若井さんの飛ばす事より落とし場所を定めて打つということ、吉田会長のゴルフに対する心意気、それらを感じながら無理をせず攻める事が出来たのが良かったのでしょう。
 こうして吉田会長を中心にいつまでも楽しいコンペに妻ともども参加できるよう精進し
 仲間が増える事を祈念いたします。
                           綱川寿夫

 


20180722_183055_Burst03~2.jpg 20180722_094049_Burst03~2.jpg