第65回浦和稲門会ゴルフコンペ

第65回浦和稲門会ゴルフコンペが9月29日土曜日に栃木県の「レイクランドカントリークラブ」で16名が参加して開催されました。台風が近づき、秋雨前線が活発の中のプレイでしたが、「晴れ男」と自他ともに認める御年91歳の吉田俊夫部会長の神通力に天候予報も見事に裏切られ、ほとんど小雨にも降られずに全員がホールアウトできました。


稲門会では若手の石川直さんがネット70のアンダーパーでの優勝で、準優勝はやや 若手の野並伸行さんでした。ベストグロスの栄誉は84のスコアーで実力者の佐藤齊さんが獲得しました。2組づつアウト・イン同時にラウンドしましたのでニアピン賞8つ、ドラコン賞4つと大盤振る舞いとなりました。今回は、ゴルフ部会として、仕事の現役の会員にもできるだけ多くの参加ができるように休日の土曜日の開催でしたが、残念ながら少数の参加でした。次回以降も、若手会員、新入会員の多くの参加を期待しています。

 

 【優勝者コメント:石川直】

参加三年目にしての初優勝です。

勝因は、①同伴メンバーに恵まれてリズム良くプレー出来たこと(堀さん、綱川さん、太田さんに感謝!)

②アプローチとパットが安定していたこと。奇跡のロングパットが入ったバーディーもありました。

③大タタキのビッグイニングがなかったことさらに、参加者が16名と比較的少なく、強豪の諸先輩が参加しなかったことも幸いしました。

ハンディキャップが厳しくなりますが、次回も優勝めざして日々精進したいと思います。

 

ドラコン:佐藤、巽、堀(2)

ニアピン:石川、太田、佐藤、巽(2)、野並、堀

 

参加者:石川直、野並伸行、綱川絢子、巽正典、堀一雄、佐藤齋、太田憲吾、金子努、綱川寿夫、吉田俊夫、宮入一芳、細田拓、佐々木憲英、荒木光明、遠藤亘良、山本祐二

golf20181005.jpg